読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カ ナ ダ の ナ カ ダ

雑記と調べもの。元「捨捨捨」からついに断捨離デビュー。

液状漢方薬との戦い

衣・住・食 雑記

今、液状漢方飲んでるんですよ。

漢方薬が夫の保険でカバーされるんので、3か月弱に1回くらい頼めます。

女性ということで、女に良さげなものや、体調を見て色々と調合してもらってます。

液状漢方の味

何回も飲んだことがあるんで、

大体のものは飲めるようになったんですけど、

今回のは久々に当たりました。

 

それがね、尋常じゃ無く、クッソまずいんですよ。

 

漢方って大体不味いんですけど、今までのデーターにないほど強烈な味です。

 

もうね、泥水とかいう可愛い表現は、言語道断で邪道。

 

排水溝です。

足の裏です。

地層深くにある、化石が溶けたにごり水みたいな味です。

 

それくらいひどいのなんのって。

 

苦くて、甘くて、土臭くて、体の奥の方からムカムカがこみ上がってきます。

 

ドロ水が甘いとか、意味わからんし。

 

それがこちら。↓

 

f:id:livingcanada:20170314115658j:image

やべーよ。やべーーよ。

 

コースターに乗せて可愛くさせようとしても、

全く意味をなさないほどヤバイ色してますね。

 

見るからに不味そうでしょ?

 

SOなんです。

 

モグラ捕まえてきたけど、汚れてたから洗ったったーー

って感じの水の味がします。

 

食べる前から、この後に飲む漢方のことを考えると、

メシマズ―――!!!ってなります。

 

メシマズ―wwwじゃなくて、メシマズ―――!!!ね。

 

良薬は口に苦しとか言うけど、

わけわかんない草とか、木の根っことか、鹿の角とかだかんね。

 

まずいです。

 

不味いってのもあるけど、ヤバいまずさです。

 

効果はめっちゃある

ただね、これめっちゃ効きます。

 即効性はないけど、持続すると改善される感じです。

 

偏頭痛が続いていた時

漢方医:これ飲んでみ。 

わたし:ハイ。→ 飲む。→ 痛み消えたー。

 

 

お腹が緩くて悩んでいた時

西洋医:ストレスによる過敏性腸症候群だね。ストレスなくしや。

わたし:どうなくせーっちゅーの。

 

漢方医:これ飲んでみ。

わたし:ハイ。→ 飲む。→ トイレ生活卒業ー。

 

 

女の痛みで悶え苦しんだ月

漢方医:これ飲んでみ。

わたし:ハイ。→ 飲む。→ 空の高さと青さに気づく

 

っと、確実に毎回体調が良くなるということで、

不味い不味い言いながらも、

うん、不味い。もう一杯!って感じで何かと続けてます。

 

液状漢方を飲む時の注意点

でもねぇ。漢方薬飲む時って、色々禁止食品があるんです。

 

豚肉だったり、鶏肉だったり、揚げ物だったり、

お酒だったり、コーヒーだったり、

酷い時は、では、何を食えと?と聞きたくなるほど、禁止食品が並びます。

 

禁止食品は処方内容によって違うんですが、共通してるのは、

小麦粉禁止ってこと。

 

現代で、小麦粉禁止だなんてきついっすわ。

 

特にカナダにいるので、豆ペーストとかサラダでもない限り、

周りの食品は小麦粉素材だらけです。

 

元々パスタ大好きだし。

 

でも、漢方中だし、がまん、がまん、がまん!

 

 

 

しかし、

 

一日三回飲まないといけないけど、

あまりにも不味いので、なかなか減ってくれません。

 

一週間、二週間すぎても、漢方液が減っていく気配もありません。

 

だけど、小麦粉は禁止。

 

相変わらず禁止のまま。

 

 

う”う”う”う”ーーー、

禁止と聞くと食べたくなるわ―――――――!

 

 

気を紛らわそうと、ネットサーフィンして、

エコノミストの記事を読んでたら、

『アジアでの方が小麦粉が食べられている』ってデータが出てるじゃないの。

 

アジア人の私、気になる。

 

確かに、美味しいものって、小麦粉でできてるものが多いんだんだよね。

 

でも、わたしは我慢するんだ。

 

小麦粉をやめることの効果

 

小麦粉やめたら体調良くなるって言うじゃない?

 

病気も治るって本とかどんどんでてきてるじゃない?

 

ダイエットに良いとか、

美肌にも良いとか、

アンチエイジングだとか、

疲労回復だとか。

 

漢方もそういうわけで禁止なんでしょ?

 

 

 

 

だーかーらーーーー、

 

 

f:id:livingcanada:20170314115711j:image

 いえ、今回はあきらめました。

 

ちーーーーーん。